さて^^

今回は あなたの人生を

一緒に考えてみましょう

 

あなたの今までを振り返ると言う事。

あなたが28歳であれ40歳であれ50歳であれ
1回真剣にあなたが生きてきた道のりを
振り帰り真剣に考えてみる事と
言うのもとても大事ではないかと思います。

 

人生はだいたい3つに別れます。


若い時期、中年の時期、年老いた時期

これはあなたの生きてきた人生であり
あなたの生きて行く人生でもあります。

 

与えられた人生を
与えられたと生きるのか・・・

与えられた人生を
しょうがないと生きるのか・・・

与えられた人生を
ありがたいと生きるのか・・・

 

私は常に自分に問います。
生き方が死に方であると。

 

それを思った時
与えられた1日を感謝して生きる方が
自分の生は有意義なものになります。

 

私の所にはありがたいことに
年齢を重ねられた年配の方が来ることが
結構あるのです。

 

その方々、みなさんほとんど言うのです。

 

「笑わないで下さいね。先生・・・
私この年齢になって学びたいと思いました」

 

「この年になって気づきました。
お恥ずかしいのですが・・・今からしても
おかしくはないでしょうか?」

 

と、おっしゃる方々。

年齢でとか今からとか関係ないと
常々口にしています。

 

あと、感じるのは
過去を振り返り学ぶ、知る、感じると
言うのが年齢を重ねて生まれると言う事です。

 

言い方を変えればとてもシンプルに
当たり前の事で
老いるからこそ知るのです。


老いと言うのは若いころ、若い人からすれば
バカにすることかも知れません。

 

若いからこそ
若さゆえに年齢を武器に若くいられるのです^^
若さとはそういうものなのです。

 

年齢を重ねると言う事が
どれだけ素晴らしくどれだけ
智を知る事か・・・
長く生きたものにしか言えない言葉
と言うものもたくさんあるのです。

 

私は祖母に戦争の話を聞くたびに
歴史の証人であると感じてきました。

 

食べ物が無いと言う事はどういう事か。


人を思いやると言う事はどういう事か。


痛みを知ると言う事はどういう事か。

 

これは目の前で死体を見て
目の前で飢えている人を見て
目の前でその時代を見た人にしか
言えない事なのです。

 

生きると言う事は
ただ日々を過ごしているのではなく
生きながら感じているのだと言うのを
知るのは生きて時を重ねてからなのです。

 

豊かになることが
置き忘れてしまう事の中に
過去を過去として
置き去りにして振り返らない事です。

 

過去があるから今があり
今があるから未来があります。


だとすれば今が良ければいいのではなく
今も過去になると言う事を
忘れてはなりません。

 

今の積み重ねが未来を産むのです。

 

今を軽視することは
過去を軽視するのと同じことなのです。

 

今・・・と言うのは
すべてに通じる道なのです。

 

心ありて今があり
今を無くして未来は無いのです。

 

あなたの心が
感じることが大事です。

 

2011-01-28 過去記事より

 

我慢が出来ないと言うことについて

触れていきたいと思います。

 

我慢が出来ないと言うことは

思ったこと、感じたことなどをそのまま

噴き出させてそのままの言葉で

人が傷つこうが付くまいが

ドンドン口をついて出てくると言うことです。

 

自分の言い分

自分の言い訳

の事です。

 

例えば注意した時。

 

 

 すぐにイラッとして顔に出る

 睨みつける。

 「はい」と返事をしながらふてくされる

 とりあえず謝る。

 言い訳を始める

 誰かのせいにする

 何かのせいにする

 次は気を付けますと言う

 次はもうやりませんと言う

 

これが一通りなんです。

 

まず

 

 イラッとすると人は口調に出ます。

口はへの字になり顔をうなだれます。

特徴としてトーンは下がり声が聞こえなくなります。

 

 これは自分では気づいていません。

ですが目は口ほどに物を言います。

ただ見ているだけと言う方が多いのですが

にらんでいる側の問題ではなく

見られている側が判断することなのです。

 

 返事をしながらふてくされる。

これは番と似ています。

返事はしてますが納得はしていないものです。

 

 とりあえず謝る。

そうですね、処理は早いですね。

ですが謝ると言うことは心の理解も伴う事

ですがそのほぼは形だけなので

私は「ごめんなさい」を信用していません。

答えと言うのは行動で出るものです。

 

 なんでそうなったのか?

今回どうしてこうなったのか?

実は・・・あの・・・と後付けが増えます。

あの時、言えなかった、雰囲気が・・・気持ちが・・・

など言い訳はいらないのです。

後付けをする人はずっと変わることはありません。

 

 たちが悪いのですが^_^;

妹が・・・お母さんが・・・弟が・・・と

誰かのせいにしてはなりません。

その有無はすべて自分の起した結果です。

 

 生い立ち、環境、気分など

何の言い訳も意味は成しません。

その言い訳すらも出来ない為の言い訳なのです。

 

 次は気を付けますと必ずこういう場合

2回、3回と繰り返しています。

気を付けますとは気を付けて素通りすることではありません。

気を付けているからこそ防げるているはずなのです。

結果を出してしまったら 反省 しかないのです。

 

 これも番同様、何とかしなければ

いけないので言い訳の言い訳です。

気を付けます、次はやりませんと段階を得て必ずここです。

やりませんと言って本当にやらないのは

よほどの意志と注意と行動があっての事です。

深く反省すべきが先。

 

 

そしてここが一番大事です。

配慮する、訓練する、コントロールする。

 

この意識と自分の持っている個性を

ぶつけて折り合いを持つ

または自分の持つ意志を明確にし

それを本気で改善する意志です。

 

癖だのなんだの言っても

環境や親のせいにしても友人のせいにしても

最後は自分が

意志を奪われているからです。

 

律してコントロールする。

 

出来ないよ〜と言う方。

出来ないです・・・諦めて下さい。

自分の口で言い訳をする、マイナスを発する。

これらは改善の余地なしです。

自ら 「無理」 と言っているのと同じです。

 

ですが自ら意志を持てばそれは変わります。

 

潜在意識の発動は

あなたの意識や精神が発動した時から

間違いなく発動します。

 

ですがそれをひねくれず素直に

前向きにポジティブに開いてこそ

先に必ず改善があります。

 

難しい〜〜

意味がわからない〜

甘えている場合ではありません。

 

誰かが与えてくれている人生ではありません。

自らの頭を使い

意識を集中し自らをよく見直して下さい^^

 

改善点は山ほどあるはずです^^

人間ですから成長の為に時間を使いましょうヽ(^o^)丿

 

2011-01-27 過去記事より


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM