一怒一老 一笑一若

 

1回怒ると年を一つ取り
1回笑うと年が一つ若返る

 

と言う中国にある言葉だそうです。

 

これは言葉だけではなく
実際にそういう作用があると思います。

 

相談者さんに例えれば
来られる時には「年齢不詳・・・」と
感じる人でも
これは実は人相や姿勢から感じているのです。

 

笑顔もなく悩みを抱えている訳ですから
明るく入室されるのも難しい。

 

話し方も下を向きボソボソ話されるので
年齢よりも老いて見える訳です。

 

運命表を見ていなければ年齢不詳のまま。

 

ですが相談が終わり笑顔が戻り
前向きや明るさを取り戻すと

人相や姿勢も人は変わります。

 

まるでビフォー、アフターです^^

ですが人の心の作用はそれほどに影響があると
言う事にも繋がります。

 

1回怒れば老けると言うのはまさしくそれです。
1回笑えば若返ると言うのも頷けます。

 

よくテレビで犯罪者の方の写真や
諸外国の裁判の様子などを放映していますが
それらを見ていると
とても意地悪い顔に見え又はとても老けている。


年齢からは想像もできない年齢であったり
事件を聞いたりすると


「なんかやりそうな顔・・・」なんて


思う事はありませんか?

 

犯罪をしている人にはそういう顔
善行をしている方はそういう顔

顔と言うのは自然と出てきてしまうものです。

 

それが心に反映されると考えれば
意地悪な人や親切な人
それらも心から発動されていると
知ることが出来ると思います。

 

心に嘘はつけないし
隠すことも出来ないと言う事です。

 

嫉妬や恨み、妬みなどは
とても醜い心となるでしょう。


意地悪や歪んだ心も
とても顔に出る事でしょう。

 

心の在り方と言うのは
自分が隠せるとか何とかなると
思っているほど隠せてはいません^^

 

どんなに豊かな社会になろうとも
どんなに貧しい社会になろうとも
心を外して物事を語るのは難しい。

 

人間社会に
心のバランスは重要なのです。

 

気持ちだけで何もできない!!と
言うのは私からすれば少し違う。

 

むしろどんな経営者でも
どんなお偉いさんでも
必ず 心ある奉仕、心ある実り、心ある誠意
をどこかに持っていなければ
その会社、経営、人事はどこかで
壊れてしまうものであると感じます。

 

また長続きはしない事でしょう。

 

豊かである事の意味を
お金、物質だけに求める事は
寂しき結果を見る事となり
信じるものを欠いた実りとなります。

 

足元は落ち着きなく
不信と不安の中でいつか倒れます。

 

ですが心ある実りを実践をすれば
豊かなる実利と奉仕と精神を備えた
揺るぎない堅実となることでしょう。

 

なぜ人が愛と言う言葉に
こだわるのか愛されたいと願うのか
真実を知ればこそ
人に愛は不可欠なのです。

 

そういう生き物を
神様はこの世に産んでいるからです。

 

親と子の繋がりがあるすべての生物において
愛は絶対であり外せないのです。

 

親、子、芽、葉、種、枝
宇宙、地球、
太陽、月、神、仏、天、地など


無数の繋がりが
私たち人間を育んでいるのを
わかることが出来ると思います^^

 

怒ることはすべてに影響を与えます。


笑う事もすべてに影響を与えます。

 

小さいことと感じますか?
大きいことと感じますか?

 

その答えが今のあなたです

 

2011-01-28 過去記事より

 

さて^^

今回は あなたの人生を

一緒に考えてみましょう

 

あなたの今までを振り返ると言う事。

あなたが28歳であれ40歳であれ50歳であれ
1回真剣にあなたが生きてきた道のりを
振り帰り真剣に考えてみる事と
言うのもとても大事ではないかと思います。

 

人生はだいたい3つに別れます。


若い時期、中年の時期、年老いた時期

これはあなたの生きてきた人生であり
あなたの生きて行く人生でもあります。

 

与えられた人生を
与えられたと生きるのか・・・

与えられた人生を
しょうがないと生きるのか・・・

与えられた人生を
ありがたいと生きるのか・・・

 

私は常に自分に問います。
生き方が死に方であると。

 

それを思った時
与えられた1日を感謝して生きる方が
自分の生は有意義なものになります。

 

私の所にはありがたいことに
年齢を重ねられた年配の方が来ることが
結構あるのです。

 

その方々、みなさんほとんど言うのです。

 

「笑わないで下さいね。先生・・・
私この年齢になって学びたいと思いました」

 

「この年になって気づきました。
お恥ずかしいのですが・・・今からしても
おかしくはないでしょうか?」

 

と、おっしゃる方々。

年齢でとか今からとか関係ないと
常々口にしています。

 

あと、感じるのは
過去を振り返り学ぶ、知る、感じると
言うのが年齢を重ねて生まれると言う事です。

 

言い方を変えればとてもシンプルに
当たり前の事で
老いるからこそ知るのです。


老いと言うのは若いころ、若い人からすれば
バカにすることかも知れません。

 

若いからこそ
若さゆえに年齢を武器に若くいられるのです^^
若さとはそういうものなのです。

 

年齢を重ねると言う事が
どれだけ素晴らしくどれだけ
智を知る事か・・・
長く生きたものにしか言えない言葉
と言うものもたくさんあるのです。

 

私は祖母に戦争の話を聞くたびに
歴史の証人であると感じてきました。

 

食べ物が無いと言う事はどういう事か。


人を思いやると言う事はどういう事か。


痛みを知ると言う事はどういう事か。

 

これは目の前で死体を見て
目の前で飢えている人を見て
目の前でその時代を見た人にしか
言えない事なのです。

 

生きると言う事は
ただ日々を過ごしているのではなく
生きながら感じているのだと言うのを
知るのは生きて時を重ねてからなのです。

 

豊かになることが
置き忘れてしまう事の中に
過去を過去として
置き去りにして振り返らない事です。

 

過去があるから今があり
今があるから未来があります。


だとすれば今が良ければいいのではなく
今も過去になると言う事を
忘れてはなりません。

 

今の積み重ねが未来を産むのです。

 

今を軽視することは
過去を軽視するのと同じことなのです。

 

今・・・と言うのは
すべてに通じる道なのです。

 

心ありて今があり
今を無くして未来は無いのです。

 

あなたの心が
感じることが大事です。

 

2011-01-28 過去記事より


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM